雨上がりの涸沼にて

雨上がりの涸沼にて

3/10の振り返り日誌です。
涸沼へ行きましたが、曇からあいにくの雨に変わりました。

▼お休みモードのスズガモたち。
涸沼

▼雨の時のほうが心なしか活発になるハクセキレイ。冬羽(グレー)から夏羽(黒)に変わる途中か。
ハクセキレイ

途中から少し晴れ間が見えて来ました。すると、ぐっと鳥影が濃くなります。

▼雨上がりの田んぼで休むチョウゲンボウ(メス♀or幼鳥)。
チョウゲンボウ

▼あたりを見回しながら羽を膨らましています。
チョウゲンボウ

▼薄暗い上、距離があったので残念クオリティの写真です(汗)
チョウゲンボウ

▼アオサギ(若鳥)。こんなところをお休み処にしているのは初めて見ました。
アオサギ

▼雨で水を含んだ田んぼに田園の貴婦人ことタゲリの登場です。
タゲリ

▼ミューと鳴くことから「ネコドリ」と呼ばれていたとか。(出典:「茨城の野鳥」より)
タゲリ

▼返す返すも可愛らしい。何度も見られて幸せです。
タゲリ

▼公園の中でキジがテケテケと走っていました。
キジ

▼雨上がりのお散歩といった趣。
キジ

▼おなじみの鳥ですが、ものすごい存在感です。
人に気づくと猛ダッシュで隠れてしまいました。
キジ