コロコロとした体型も相まって愛嬌のあるゴシキドリ。

台湾紀行(10)~ゴシキドリ、クビワムクドリ

6月末に訪れた台湾の記録です。

▼台湾で見たかった鳥ベスト3に入る台湾固有種のゴシキドリ。
体が葉っぱと同じ緑色で、意外と見つかりづらく苦労しましたが、最後に訪れた公園でついにばっちり見ることができました。(Taiwan Barbet)

▼奔放にペンキを塗りたくったような顔をしていますが、どの色もこってりと鮮やかで見ていると楽しくなります。
個人的には、胸の赤い部分が蝶ネクタイのように見えたりしました。

▼同じ木に真っ黒な鳥がやってきました。ミドリカラスモドキです。赤い目がインパクト大、胸元の構造色も目を惹きます。(Asian Glossy Starling)

▼こちらはクビワムクドリ。ムクドリより一回り大きく、首に黒いネックウォーマー、モノトーンのおしゃれなコーディネートの鳥です。

▼こちらはジャワハッカ。(Javan Myna)
ハッカチョウの仲間も色々と種類がいて、識別が難しいです。
台湾市内の公園をいくつか周りましたが、そのたびに色々な鳥の撮影チャンスがあり、飛行機の時間までとても楽しい時間を過ごすことができました。

※以下、ギャラリーです。クリックしてご覧下さい。