ヒレンジャクがなんと…!

ヒレンジャクがなんと…!

暴風警報の土曜日です。
本格的な雨になる前に涸沼周辺に行きました。

▼ユリカモメ。使用カメラ、愛用のSX50HS以外にEOS60Dも混ざってます。これとか。動きモノ強し。
ユリカモメ

涸沼は、マガモ、カルガモ、カワウ、カンムリカイツブリ、トビなど安定のメンバーでした。
渡る人はおおむね渡っていきましたね。
天気も重たく撮影も難しい状況だったので、湖畔には長居せず、以前たまたま通りすがった際にやたら鳥影が濃くて気になっていた場所を再度訪れてみました。

▼するとさっそくヒレンジャクがお出迎え♪
ヒレンジャク

▼お腹が黄色いことに初めて気が付きました。
ヒレンジャク

▼曇天のもとでも存在感抜群です。
ヒレンジャク

▼全体的な、羽のシュルっとしたマットな質感が独特だなあと思います。
ヒレンジャク

▼今季二度目の出会い。前回はもっと暗い場所での観察でしたが、今回は風切羽の白いステッチをしみじみ確認できました。
ヒレンジャク

暴風雨警報出てたけど、ギリギリまで粘って見に来てよかった~ヽ(´エ`)ノと喜びを噛み締めながら一羽のヒレンジャクをのぞいていたその時、同行者が大騒ぎし始めました。

「背後の木を見て!」

▼あそこに…
ヒレンジャク

ヒレンジャクがめっちゃいるーー!!
ヒレンジャク

▼まさに「ヒレンジャクのなる木」状態。
目視で確認したのが40羽。おそらく集団としては50羽以上いるでしょう。
渡りの準備のために集結しているんでしょうか…。
スゴイものを見てしまった気分。驚きでぞわぁ~っとしました。
ヒレンジャク

▼涸沼川にて。キンクロハジロがいよいよ荒れだす波に対抗して頑張ってます。
キンクロハジロ