嘴からあごにかけて赤い線があるのはオスの証拠。ヒメアオゲラ(オス) Lesser Yellownape

ネパールの野鳥 Birds in Nepal (9)

11月のネパールの野鳥シリーズです。

▼チトワン国立公園(Chitwan National Park)の林の鳥たちを中心に紹介します。

嘴からあごにかけて赤い線があるのはオスの証拠。ヒメアオゲラ(オス) Lesser Yellownape

▼チトワンは川の周辺に広大な草原が広がり、そこから続く森林との境界では色々な種類の鳥と出会うチャンスがあります。

背中のからし色がほんのり赤みを帯びていて深みがあるヒマラヤズアカミユビゲラ(メス) Himalayan Flameback

▼ノゴマやノビタキなど日本で見られる鳥が越冬に来ていることも。

ネパールで越冬している若いオスと思われるノゴマ Siberian Rubythroat

▼ジープや徒歩で移動しながらポイントを巡りますが、日本と同じで、意外と人の行き交う場所の近くに鳥が出やすかった気がします。

インドガビアル(ワニ)の保護施設の裏にいたハイビタイアオバト Pompadour Green-Pigeon

▼水辺のみならず草原、湿地、林と地形のバリエーションに富み、ここにしばらくいたらどれだけ多くの鳥が見られるのだろうかと思ってしまうようなフィールドです。

ふと森に目をやったら目がばっちり合って嬉しかったモリスズメフクロウ Jungle Owlet

※以下、ギャラリーです。クリックしてご覧下さい。