意外と素朴でかわいい顔立ちのベンガルハゲワシ White-rumped Vulture

ネパールの野鳥 Birds in Nepal (7)

11月のネパールの野鳥シリーズです。

▼コシタップ野生生物保護区(Koshi tappu wildlife reserve)滞在3日目です。
猛禽類や大型の鳥たちを中心に紹介します。

落ち武者のようなヘアスタイルがインパクト大 コハゲコウ Lesser adjutant

▼保護区内を車で巡り、ランチボックスを食べながらひと心地つこうとすると、林の開けたところの上空にヒマラヤハゲワシが旋回し始めました。

頭が小さく翼が幅広いのが特徴的なハゲワシ類 ヒマラヤハゲワシ Himalayan vulture

▼こちらのニシオオノスリも一緒に円を書いて飛び出し、上昇気流に乗ってぐんぐん上がっていきます。

下面の黄褐色やノスリマークが際立ちハゲワシに負けない存在感 ニシオオノスリ Long-legged buzzard

▼午後、散策路脇の高木に留まったベンガルハゲワシも印象的でした。
鉛色に光るくちばしや無毛の首に白いマフラーを巻いたような姿がユニークです。

見上げる高さの樹上にいるのをじっくり観察できたベンガルハゲワシ White-rumped vulture

▼またこの日、湿地帯の林の中の獣道を歩いたところ、ヒルにまとわりつかれる場面もありました。
ヒルについては話すと長くなるので割愛しますが、ジャングルの鳥見では最強クラスの敵になり、特別な対策が必要となることを学習しました。

黒衣に赤い帽子をかぶった神父のような雰囲気のアカアシトキ Red-naped ibis

※以下、ギャラリーです。クリックしてご覧下さい。