上がメスで下がオス。インドオオコノハズク Indian Scops-Owl

ネパールの野鳥 Birds in Nepal (11)

11月のネパールの野鳥シリーズです。

▼チトワン国立公園で過ごす最終日、ジープで移動し、ときおりサイと遭遇しながらの鳥見です。

親子かな?可愛らしい猛禽類モモアカヒメハヤブサ Collared Falconet

▼ガイドさんが水辺でフクロウ類を探してくれますが、なかなか思うように見つからないことも。

色々な色合いのゴシキドリがいるけど白系は初めて見た。シロボシオオゴシキドリ Lineated Barbet

▼そんな中、見やすいところに真っ白なカワリクマタカの幼鳥が出てきてくれました。かなりじっくり見られたので大満足です。

大きな声で叫ぶカワリクマタカ幼鳥 Changeable Hawk-Eagle

▼その後は、インドオオコノハズクのお宅も拝見。
メスは泰然として微動だにしませんが、オスは周囲が気になりキョロキョロしています。メスは子育て、オスは周囲の警戒、と役割が完全に分かれている印象を受けました。

上がメスで下がオス。インドオオコノハズク Indian Scops-Owl

▼帰り道には別のカワリクマタカに遭遇。
こちらは成鳥で、図鑑によると淡色型と呼ばれる個体のよう、真っ黒な黒色型も存在するそうです。

鋭い眼光がかっこいいカワリクマタカ Changeable Hawk-Eagle

※以下、ギャラリーです。クリックしてご覧下さい。