チョウゲンボウ初見

チョウゲンボウ初見

今日は暴風で外にいられませんでした(汗)3/2の振り返り日誌です。

▼強風の日でした。涸沼方面の田んぼで、チョウゲンボウを見ました。
チョウゲンボウ

▼頭が茶色なのでメスか幼鳥でしょうか。
チョウゲンボウ

▼トビ以外で初めて撮影できた猛禽類なので大興奮。
まさか、人間の勝手な事情で馬糞鷹などと蔑称で呼ばれた鳥とは…。
(鷹匠にとっては、昆虫などの小さい獲物しか狙わない鷹ゆえに役立たずだったそうな。ひどい!かわいいのに!)
チョウゲンボウ

▼タヒバリ。必ず、こういった田んぼの泥っぽい場所におりますね。
タヒバリ

▼スズメ。風がとにかく強いので、まとまって避難しているかんじかな。
スズメ

▼ツグミ。風が…本当に強いんです…冬は基本的に単独行動のツグミが今だけは協力して風よけ。
ツグミ

▼なんだあの独特の白黒の翼は~??と思ったら…
タゲリ

▼タゲリでした。2月末までこの辺りでは全く見かけませんでしたが、3月になってからよく見かけます。
タゲリ