仲良しぶりに思わず頬が緩むクビワガビチョウたち Greater Necklaced Laughingthrush

タイ中部の野鳥 Birds in Thailand (9)

2月のタイ中部シリーズです。
宿(Baan Maka)を散策した後、公園に隣接した宿の一つBaan Song Nokが管理しているハイドを訪れました。

▼前のハイドは密林の中にありましたが、今回のハイドは林縁の斜面のひらけた水場だったため、出てくる鳥の種類が結構違いました。

頭部が金属光沢のある黒で、瞳が水色のズグロヒヨドリ Black-headed Bulbul

頭部が金属光沢のある黒で、瞳が水色のズグロヒヨドリ Black-headed Bulbul

▼長居してリラックスする様子を見せる鳥も多く、思わぬシーンを見られることも。

仲良しぶりに思わず頬が緩むクビワガビチョウたち Greater Necklaced Laughingthrush

仲良しぶりに思わず頬が緩むクビワガビチョウたち Greater Necklaced Laughingthrush

▼ハイドのある宿の食堂でランチタイムをとっていると、そこの餌台にも次々と鳥やリスがやってきて和みます。

ちゃっかり餌台のバナナを与えて子育てするミミジロヒヨドリ Streak-eared Bulbul

ちゃっかり餌台のバナナを与えて子育てするミミジロヒヨドリ Streak-eared Bulbul

▼ハイドでは朝夕の短い時間、オジロビタキが登場して盛り上がりました。くりくりした瞳と仕草がチャーミングです。

なんて可愛らしい!オジロビタキ(ニシオジロビタキではない) Taiga Flycatcher

なんて可愛らしい!オジロビタキ(ニシオジロビタキではない) Taiga Flycatcher

▼ミヤマハッカンが雌雄でゆっくり見られたのもハイライトです。ミヤマハッカンは雌雄揃うと縁起物のような華やかさで、思わず撮影枚数が増えていくのでした。

母衣打ちするミヤマハッカンのオス  Kalij Pheasant

母衣打ちするミヤマハッカンのオス Kalij Pheasant