熱帯林らしい色あざやかな小鳥の代表 クロエリヒタキ Black-naped Monarch (♂)

タイ中部の野鳥 Birds in Thailand (1)

2月にタイの中部の海岸や熱帯林でバードウォッチングする機会に恵まれました。
海外探鳥は初めてでしたが、一週間で170種近くの鳥が見られ、刺激的で心躍る旅になりました。
初見の鳥がほとんどで写真の枚数が多いので、徐々にアップしていきたいと思います。


※写真をクリックすると拡大します。

初日はバンコク近郊のスワンナプーム空港から3時間ほど移動し、ケーンクラチャン国立公園(Kaeng Krachan National Park)隣接のホテルへ。

▼ホテルの敷地内の樹々や花に集う野鳥の声がにぎやかで、かたときもカメラを手放せません。

カンムリオウチュウ Hair‐crested Drongo

レストランの花に集う カンムリオウチュウ Hair‐crested Drongo

▼午後から近くの水場のハイド(ブラインド)に篭もりました。乾季なのであたりはカラッカラの陽気。そのため、鳥たちは水を求めて集まってくるのです。

熱帯林らしい色あざやかな小鳥! クロエリヒタキ Black-naped Monarch (♂)

熱帯林らしい色あざやかな小鳥! クロエリヒタキ Black-naped Monarch (♂)

▼色とりどりの鳥たちが水を飲んだり浴びたり、リラックスした様子を見せてくれます。

水浴びでびしょびしょ アカハラシキチョウ White-rumped Shama

水浴びでびしょびしょ アカハラシキチョウ White-rumped Shama (♂)

▼当然ながらどれもこれも日本では見たことのない鳥ばかりなので、夢中でシャッターを切りました。

目に鮮やかな鳥たち クロエリヒタキとエボシヒヨドリ

目に鮮やかな鳥たち クロエリヒタキとエボシヒヨドリ

▼翌日も同じ水場のハイドで朝から夕方までを過ごしました。

胸までくっきりオレンジ色 ノドアカヒメアオヒタキ Tickell's Blue Flycatcher (♂)

胸までくっきりオレンジ色 ノドアカヒメアオヒタキ Tickell’s Blue Flycatcher (♂)

▼ブラインドに隠れて鳥を待つというのは初めての経験だったのですが、ピークタイムが来ると面白いように次々と鳥が出てきて間近で撮れるので驚きました。

嘴の色がチャーミング マミジロマルハシ White-browed Scimitar-Babbler

嘴の色がチャーミング マミジロマルハシ White-browed Scimitar-Babbler

※以下、ギャラリーです。クリックしてご覧下さい。