コブハクチョウ堪能

コブハクチョウ堪能

日曜日、強風の折、公園に行ったらコブハクチョウが一羽だけで羽を休めていました。

▼他の鳥達は風が強すぎるためあまり表に出ていない様子でしたので、コブハクチョウを堪能することにしました。
コブハクチョウ

▼ここ二年くらいはこの公園で子育てをしていたそうです。
コブハクチョウ

▼目が優しげでなんとも優雅な存在感ですね。
コブハクチョウ

▼丹念に羽の手入れをしています。
コブハクチョウ

▼ヨシ原を刈って公園のメンテナンスをした際、公園内の別の場所へ引っ越してしまい、そこで現在繁殖しているかは不明とのこと。
コブハクチョウ

▼頭が茶色いのは、ヒナのためにやわらかな真菰の地下茎を採るため、泥に頭を突っ込むからだと聞いたことがあります。
コブハクチョウ

▼人に完全には慣れていない様子で、少し距離をとっているのがかえって珍しく思えました。
コブハクチョウ

▼うにょーん、と首全体を使って背中のマッサージ。
コブハクチョウ

▼仕上がった後は草地でランチ。
コブハクチョウ

▼白鳥の翼は清楚で優雅でステキですね~。
コブハクチョウ

▼また会おうねー
コブハクチョウ