アマサギ再び。そしてザ・標準のタカブシギ

アマサギ再び。そしてザ・標準のタカブシギ

先日身内からのタレコミがあったアマサギを見に行きました。

▼いるけど遠いし風強いしで撮影困難。でもユニークな存在感。
アマサギ

▼背中も亜麻色。
アマサギ

▼いつまでいるんだろうかと思ったら、その後はさっぱり見かけない。渡りの途中だったかな。
アマサギ

▼トラクターの始動にかなり((o(´∀`)o))ワクワクしている様子。
アマサギ

▼トラクターの後から何かを掘り出して食べています。ゴカイかな?
アマサギ

*****

アマサギ撮影に難儀している最中、初見の小さなシギが眼前を歩きまわっていました。

▼タカブシギです。
タカブシギ

▼タカブシギの判別が、どれもこれもよく似た種類の多いシギチドリ類判別の登竜門だそうです。
タカブシギ

▼サイズも模様もザ・スタンダードということでしょうか。
タカブシギ

▼基準種として目に焼き付けなければ!
タカブシギ

▼物怖じしない性格で、ピントが合わせられないくらい近くまで寄ってきました。
タカブシギ

▼強風に耐えるタカブシギ。がんばれ!!
タカブシギ